根拠なき熱狂

「根拠なき熱狂」とは1996年にFRB議長の
グリーンスパン氏が当時の株価上昇を見て述べた。

現在もまた同様に実体経済を伴わない形で、債券バブルが生じ
同時に米国株価は26千ドルの史上最高値を更新中。

そのけん引役はITで、アップルとアルファベットのどちらが
先に時価総額で1兆ドルを突破するかが注目される。

さらにアマゾン、フェイスブックも7千億ドル前後で
バークシャーが5千億ドルと続く。

つまり景況感が良いとはいえ、ITはすでに買われ過ぎでは
ないのかと首を傾げてしまう。



この好況を見てトランプ大統領も一般教書演説において
株価・経済の実情を自らの実績として吹聴した。

1兆ドルものインフラ投資をぶちあげたことが影響
したのは確かではあるのだが・・・

無用な通商トラブルを起こす発言よりは平和的な演説で何よりだったが、
それでは株価が暴落した時には赤っ恥をかくことになるだろう。



世界同時株高について、上昇はまだまだこれからと言う意見が
多いが、すでに高すぎるとの印象は否めない。

実際3日にイエレン議長が退任することから米国の
金融政策に変化は避けられない。

そして長期金利は短期金利の上昇と米政府の国債乱発懸念に
2.8%に接近するなど、金利上昇の影響懸念が拡大している。

果たして米国の好況感はいつまで持続するのか。

ITの獅子奮迅で株価はいつまで続騰するのか、
そろそろ剣が峰に達しているように思えるのだが。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR