FC2ブログ

アルゴリズム

先週末(2日)発表された米国雇用統計において平均賃金が
2.8%へと改善したことが好感されて金融市場は一気に上昇。

しかし明るい未来が開いたと思ったのも束の間、
金利上昇が嫌気されて株価がまさかの下落に。

お陰で利食い売りが殺到して金融市場は一気に
リスクオフムードになった。

そして翌月曜日(5日)のNY市場の後場遅く、僅か数分の間に
1000ドルを超える下落となり、その後半値戻し、またまた下落と
up downを繰り返し、1日で1200ドルと史上最大の暴落となった。

その荒れ相場は翌火曜日(6日)東京市場にも波及し、
ITバブル崩壊以来という1日1500円の下落を示した。



そもそも月曜日のNY市場の乱高下と大暴落の背景には
アルゴリズムが大きく作用した。

つまり数学的に編み出された売買手法が起動して
HFT(High Frequency Trading)つまり高速回転取引や
ストップロス取引が大量に執行された。

これまでもアルゴリズムが相場の大幅変動の理由として
指摘されてきたが、今回の荒れ相場の犯人はやはりアルゴリズム
だったと言うことだろう。



ここ2~30年の金融市場ではアルゴリズムのほかにレバレッジ
そしてAIなど数学・金融工学を応用した手法が導入されている。

その一つであるレバレッジが縦横に組み込まれた市場では上げ相場はより上がるし、
下げ相場では収縮が加速化して暴落を誘う。

今回についても、利喰えるものは何でも売ろうと
人の判断がまず働いて米国株に続いて米国債、日本株、そしてドル円と
売りのオンパレードとなった。

それに触発されて人の開発したアルゴリズム、レバレッジが変動を加速させたということだろう。

ともかく今後も人間が生み出した様々な科学的な仕組みが
人智を超えた動きをするのは間違いなく、人はそれを制御できなくなりつつあると言うことか。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR