春分の日

開花宣言が早々と出され春が来たかと思ったが、
冬と春を分ける日に雪が降った。

とはいえ卒業式真っただ中のこの季節、
当時を思い出しつつ同窓の友人たち5人でランチに出かけた。

行き先は首相官邸の裏手にある都立日比谷高校の
同窓会館内「シーボニア」。

ワイン付きのブッフェで1900円とお値打ち価格。

OBに政官財の有力者が多いとはいえこんな同窓会館が
作れるのかと大阪の公立高校出身者たちは驚いたのだ。



2次会はキャピトル東急のラウンジ「ORIGAMI」。

ここのお茶はドトールのコーヒーの5倍はするが
さすがに静かで落ち着ける。

そして「首相動静」にしばしば登場する場所だけに、
知った政治家がいるかと見まわしたが特段見えず。

なるほど27日に佐川氏の喚問が予定されるなど
目下国会は森友問題で多忙のようだ。

それにしても福島県出身で苦学して国税庁長官まで
上り詰めた佐川氏は一人詰め腹を切らされる見込み。

事実を述べれば今後保証されている天下りやわたりが水の泡に
なるとすれば、口をつぐみひとり罪をかぶることになるのも当然か。



安倍内閣は発足して5年半が経過したが、これまで日本の政治の
安定度は抜群と見られてきた。

しかしここにきて内閣支持率が3割台となったことも加わって、
海外の投資家が素早く反応して、株安・円高へと振れる場面が増えている。

実際この秋の自民党総裁選では小泉進次郎氏が押す
とされる石破氏が急浮上してきたようだ。

それに続くのが岸田政調会長。

今や霞が関の主流となったのが、これまでの日比谷高校OBに代わり
開成学園OBとかで、そしてそのOB会が押しているのが開成から
慶応へ進んだこの人だとか。

果たして安倍、石破、岸田の三つ巴が予想される今秋の
総裁選を勝ち抜くのは誰だろうか。


.



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR