FC2ブログ

四半期末

3月30日(木) 晴 25度

未だ3月と言うのに気温はうなぎ上りで夏模様となり、
午後はたまらず半袖に着替えた。

実際欧州では明日がグッドフライデー続いてイースターマンデーと
4連休に入るところで、ようやく春が始まると言うのに。

今年の日本は季節の移り変わりがとても忙しい。



ということで欧州では一日早く四半期末を迎えたが
日本も明日が四半期末そして年度末だ。

本年1月以降の第一四半期は112円から104円台へと
円高が進んだがこの2日間で106円台へと反転した。

その理由は四半期末を前に様々な大玉が飛び交っていることもあるが、
金正恩の電撃訪中による東アジアの地政学リスクの好転も大きく
作用している。

さらに4月27日には南北首脳会談そして5月には米中会談
そして続いて日朝も首脳会談を行うのではないかとの
期待も出回ってリスクオンのムードが高まっているのだ。

これまでも北朝鮮はこのような交渉において主導的に動き
合意形成を図ってきた。

しかし大方は1年でこれらの合意を反故にしてきたと
言われるように緊張緩和は長く続かない。

つまり東アジアのユーフォリアは恒久ではなく
簡単に平和が招来されると考えるのは早計なのだ。



今回の中朝首脳会談により疎遠になりつつあった両国の関係が
再構築されたと見るのが妥当なようだ。

とはいえ両国の兄弟関係いや主従関係は毛沢東の時代から言われてきたが、
金正恩が習主席の発言のメモを取っている姿が印象的だった。

つまり先生と生徒をイメージさせるこの映像は北京では大々的に
報道され、一方北朝鮮では屈辱的と判断されたようで映像は
完全にカットされた。

国内では並ぶべきものがいない独裁者もやはり習主席の前では
格下の若造であることは否めない事実ということだ。

どちらにしても第二四半期の目玉はやはり北朝鮮であり
そして何よりも注視すべきは貿易戦争の行方だ。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR