政局流動化?

毎日新聞の世論調査によると、安倍内閣の支持率が26%と
ついに危険水域の3割を切り、不支持率も5割を超えた。

もり・かけ問題において黒を白と見え透いた嘘を重ねる姿に
国民がそっぽを向くのも当然というところだ。

ことの真相はよくわからないとしても、昭恵夫人が名誉校長であった
事実だけでも首相夫妻の関与そして政権の責任は明らかだ。

これまで9月の総裁選に向けて安倍3選は確定との見方が
支配的だったが、今後については要注意だ。



実際柳瀬元秘書官の厚顔、さらにセクハラの福田財務次官
などの一切合切も安倍政権への嫌悪感を増幅することになっており
果たして挽回の一手はあるのか。

そこで期待されているのが明日(17日)からの日米首脳会談。

週末には神奈川県の病院に入院した横田さんをわざわざ訪ねて
拉致問題への前向き姿勢を見せては人気をとる姿には不快感を催す。

そんな姑息な手段に国民が騙されるわけもないのだが。



そしてマール・ア・ラーゴで行われる会談のテーマは
①北朝鮮への対応、②鉄、アルミにかけられた高率関税の撤廃など。

とはいえ逆に米国からは

①為替報告書で指摘されたように実質実効レートベースで過去20年と
 比較して25%も円安に振れていることへの是正。

②二国間FTA交渉開始、つまり貿易収支改善に向けての個別要求など。

が突き付けられる可能性も高い。

果たして日米首脳会談は吉と出るのか凶と出るのか?

ともかく次の首相としてふさわしい人物として小泉進次郎が
石破を抜いた模様で、いよいよ政局は流動化してきた。



.
.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR