FC2ブログ

タケプロン

胃の調子が悪い時にしばしば処方されてお馴染みなのが
胃潰瘍に効果を発揮するタケプロン。

このタケプロンは武田薬品の儲け頭と言われるが、
間もなく20年の特許期間が満了する予定だとか。

したがってジェネリックが登場することになり独占的利益を失う
つまり薬のライフサイクルで言う寿命が尽きることになる。

このように武田ではいくつかのヒット商品の特許満了が
今後予定されており、新たな開発や買収による市場
拡大が必要だったとされている。



この状況下、武田薬品はアイルランドのシャイヤーを7兆円で買収
することにしたが、国内トップとはいえ売り上げが7千億円
程度の会社がこんな大きな買収に乗り出して大丈夫なのか?

社長が外国人であると聞けばなるほどと思い、日本の市場が縮小化
している中では必然だったのかも知れないのだが。

ともかく株式市場では武田の財務状況悪化を懸念して
株価はこの3か月で3割程度下落している。

実際有利子負債が現状の1兆円から4倍ぐらいになるとのことで
その買収後を危ぶむ向きが多いのも無理からぬところだ。

30年前になるがソニーが米国CBSを買った時の金額が
4千億円で驚いたものだ。

さらに15年前にソフトバンクがボーダフォンを皮切りに
数々の買収を1兆円~2兆円単位で行っており、さすがに
孫正義かと思わせてはいたのだが。

果たして武田の体力でソフトバンクもびっくりするような
大型買収を支えきる体力があるのだろうか?



一方2017年の経常収支黒字が20兆円と2年連続で
大台に達したが、7兆円の大型買収の為替市場への影響は
どうなるのか気になるところだ。

これまで大型買収案件が出るたびに為替市場では思惑の
外貨買い・円売りが出回ってきた。

この2か月を見ても武田がらみで英ポンド買い・円売りが
出ているようでもある。

とはいえその買収資金7兆円がすべて円資金の調達そして
ポンド買いが行われるのではなく、外貨での調達部分も
相当大きなものとなるだろう。

したがってポンド買い/円売りがストレートに出回るのは
限定的とみられるが、影響は無視できないものとなろう。

ここしばらく武田そして英ポンドの動きには要注意だ。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR