金融危機の検証

過日東大名誉教授・荒巻健二氏より新著「金融グローバル化の
リスクー市場不安定性にどう対処すべきか」(日本経済新聞出版社)
をお送りいただいた。

同氏は大学時代の同級生で大蔵省、IMFで勤務しその後
長崎大、東大、東京女子大で教鞭をとる傍ら国際金融特に
金融リスクについて行政的・学術的視点から研究を続けてこられた。

そして今回これまでの研究を深め、さらに各国の財務省、中央銀行
そして研究者からのヒアリングを踏まえてこの一冊を上梓されたのだ。



同書はアジア通貨危機、リーマンショック、欧州債務危機と過去
20年において発生した金融危機の検証を行い、さらに
その回避に向けていかなる対応が可能であるのかを考察している。

タイで始まりインドネシアから韓国に飛び火したアジア通貨危機は
ジョージソロスのタイバーツ売りなど固定相場制の故に投資マネーの
餌食になって生じたと記憶される。

実際新興国つまり金融市場が未発達で外貨準備が不十分な
開放的後進国経済において発生したというのが一般的な解釈である。

逆に中国やベトナムなど強力な資本規制が行われていた閉鎖的経済下に
おいてはこのような危機が発生しなかったことが今後を考える上でヒントであるとのこと。

またリーマンショックにおいて先進国においても後進国の固有と
思われた金融危機が発生することが検証された。

また国境をまたいでリスクが伝播するものであることは
欧州債務危機において証明されたのである。

つまり国際的資本フローに対する脆弱性を克服するには
資本規制と民間銀行の協力がこれら金融危機への処方箋に
なると結論づけられている。



これまで筆者も長く国際金融に携わり、金融危機を目にしてきたが
それはあくまでそれを飯のタネにするディーラーとして、また時に
機関投資家として資産保全の観点から市場の安定を望んできたものである。

しかし荒巻氏は国際金融のグローバル化に伴うリスクを金融を
行政するものとして掘り下げており、そのスタンスの違いを考えさせられた。

同氏は今後も研究に没頭することになるのだろうが視点は違うものの
筆者も負けずに金融危機の本質について考えてゆきたいと
新たに刺激を受けたのである。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR