FC2ブログ

織部

5月20日(日) 晴 21度

昨日までの熱気が去ってさわやかな朝を迎え
勇躍下北沢へと散策に出かけた。

緑道は透き通った光に新緑が映え、さらにアジサイも
咲き出して雨の季節までの一時の爽快感に溢れている。

201805201141447c7.jpg

(北沢緑道)

201805201142083b4.jpg


下北沢は若者のそして猥雑な街との印象は拭えないが
そのはずれに織部焼のブティックを併設した喫茶「織部」がある。

知る人ぞ知る静かな空間ではゆっくりと陳列された織部焼を鑑賞しながら、
織部に注がれたコーヒーを味わうことができる。

20180520114307e05.jpg


織部は美濃焼の一種と言われるように秀吉の臣下であり
利休の弟子であった古田織部の指導の下で岐阜県の土岐市に
おいて作られたそうだ。

その単調な図柄と青緑色もしくは黒色が特徴と言われるようだが
慶長年間に普及したものの江戸時代以降は余り広がらなかった。

ちなみに10年前に直木賞を取った山本兼一「利休にたずねよ」
において古田織部が登場するが、利休の弟子として
師匠に対し秀吉に妥協することを進めるのだが。

謎解きを楽しめるよくできた小説だったが、海老蔵と団十郎の最後の
親子共演となった映画はいまいちの出来だったのは残念。

ともかく「織部」にまつわるかすかな記憶を辿りつつ
静かな日曜日の朝を過ごしたのである。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR