ビッグウイーク

7日(木)の日米首脳会談に続いて
8日(金)からカナダでG7が行われる。

続いて12日(火)にはシンガポールで米朝首脳会談が予定されるなど
この1週間はトランプ大統領の真価が問われるビッグ・ウイークだ。

これまでのところトランプ大統領の強気姿勢が奏功して、
米中貿易戦争では中国側の譲歩を引き出して休戦状態に持ち込んだ。

一方米国の関税引き上げ問題で集中砲火を浴びるG7でも、
トランプは強硬姿勢を貫くつもりのようだ。

果たしてドイツはじめ6か国が共闘して自由貿易をと叫ぶ中で、
どこまで自主路線を押し通すことができるのだろうか?

ともかく米国の農業を疲弊に追い込むとしてカナダへの批判を含めて
通商問題の混迷化は避けられない。

それだけに通商問題での成果をいくらアピールしても米国民の
支持を拡大し、中間選挙を乗り越えることは難しい。



畢竟外交での得点を目指すことになるが、それだけに
4日後に迫った米朝首脳会談の行方が注目される。

とはいえ今回の会談では署名も予定されず、会談は今後数回行われる
見込みと伝えられるなど、すでに半島の非核化は遠い将来の目標となった。

つまり今回の勝者は経済制裁の緩和メリットを受ける金正恩であり、
お陰でその満面の笑みが頂点に達しようとするのも無理はないだろう。



そして日本はといえば拉致問題に進展は期待できない中で
日朝の首脳会談開催や経済援助が議題に上がりつつある。

当然その入り口には巨額の戦後賠償が横たわっており
日本にとってはカネがらみの話ばかりが先行することになる。

まさに金正恩の思うつぼの展開とトランプの頑迷さが
浮彫りになる1週間が始まった。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR