FC2ブログ

つながり

普段健康番組など見ないが、先日NHKの「ためしてガッテン」
で健康寿命を延ばす方法を特集していたので珍しく視聴した。

それによると健康寿命を伸ばし寝たきりを回避する方法として、
2つを挙げていた。

ひとつは分かり切ったことだが歩くことやラジオ体操などの「運動」。

もうひとつが意外なことに「つながり」で、人とのおしゃべり
による心と頭の活性化。

この「つながり」が免疫力を高めて健康寿命を長くし、
老後の寝たきりを回避する力になると医学的に説明していた。

従って散歩、竹踏みなど求道的に運動に励む夫よりも
友達と頻繁にランチ会をする妻の方に軍配を上げていた。



それでは自らの生活を「つながり」の観点で眺めて見ると、
決してほめられたものではなさそうだ。

サラリーマン時代の人間関係から解放されて「自由」を満喫しているだけに
いまさら新しく人間関係を構築するのも面倒くさい。

ということで付き合いは昔からのお気に入りがほとんどで
新たな友人を作りお昼を他愛ない話でお気楽に過ごす
といったことに慣れていないのが実情なのだ。



このように老後の備えについて「健康」がキーワードになるが、
同時に「お金」もまた重要課題だ。

過日政府が出した骨太方針によるといよいよ年金資金の枯渇が迫り
15歳~65歳とした生産年齢の定義をまず70歳に引き上げて、
さらに年金支給を可能な限り先送りしたいとの思惑が透ける。

実際65歳で仕事をやめると、75歳時点で50%を超える人が
金融資産を使い尽くすらしい。

一方65歳から75歳までの10年間で1千万円稼ぐとすれば
老後破産をする比率が30%に引き下がるとのことだ。

いよいよ高齢化は待ったなしで、いくら健康を維持しても
最晩年を迎える前に破産することになりかねない。

「健康」と「お金」、老後の備えにどちらがというよりも
どちらも必要と言うことだ。

つまり「夫達者で留守が良い」のは永遠の真実なのだ。


..
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR