FC2ブログ

ビザンツ帝国

英国の歴史学者ジョナサン・ハリスの「ビザンツ帝国ー
生存戦略の1千年」を読んだ。

ビザンツ帝国は4世紀前半にコンスタンチヌス大帝が
コンスタンチノープルに遷都して以降1453年にオスマン帝国により
陥落されるまで1千年以上に渡り続いた。

その間皇帝は90人を数えたが、当初のゲルマン民族その後
イスラム教アラブやセルジュークやオスマンなどトルコに周辺を
脅かされながらも国家は存続したのである。

そして6世紀のユスチ二アヌス帝の頃に版図は最大化し、
イベリア半島からアフリカ北部さらに中東までの地中海沿岸を治め、
さらに東はユーフラテス川、そして北は黒海に至った。



ローマ帝国が東西に分離した後、5世紀後半に西ローマ帝国は滅亡したが
東ローマはビザンツ帝国として繁栄したことは19世紀のギボン
はじめ多くの歴史家が注目しては研究をしてきた。

コンスタンチノープルにはパンを焼いた窯が多数発見されているように
国家が十分なパンを配給し、またサーカスを催すなど国民を慰撫
したことが国家繁栄の大きな理由のひとつとも言われている。

今回著者はこの回答として、武力ではなく忍耐強い外交や芸術・文学など
キリスト教文化の魅力によるものと結論づけている。

つまりハードパワーではなくソフトパワーにより周辺世界と交渉し、
イスラム教アラブなどとの共存を可能としてきたと言うことである。



ビザンツ帝国と同様に長く続いた国家に都市国家ベネチアがある。

ビザンツと比べ人口は10万にも及ばない小さな都市国家だが、
それでも9世紀に建国されて以来19世紀までの1千年に渡り
国家として存続したのである。

その政治体制を国内、国際情勢など時代の要請に合わせて様々に
変えたが、言ってみれば国民の知恵が結集した結果だったと言える。

現在の世界は米国が軍事力そしてソフトパワーで世界に
君臨しているが、今後国家の存亡をかけてどのような知恵を出すのか。

また米国一辺倒の日本は東アジアで生き残るために中国そして
北朝鮮とどのように付き合ってゆくのかその知恵の発揮が試される。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR