FC2ブログ

葉月

陰暦に言う文月が終わり葉月が始まった。

それにしても7月は暑かった。実際6月後半に梅雨が明けて以降
猛暑が酷暑になりさらに炎暑となった。

とはいえ8月の声を聞くとようやく夏も半分を過ぎたかと思えるだけに
気分も軽くなるし、これからのひと月はクーラーを使いまくって熱帯夜を
乗り切るぞと決意する次第だ。

そんな折、昨日は日銀が「強力な金融緩和継続のための枠組み強化」を発表した。

その内容は緩和継続を目指しつつも副作用に配慮する妥協の産物で、
その意図も具体的政策も曖昧模糊としていて暑さに疲れたわが頭では
よく理解できず苦慮しているところだ。



日銀としてはデフレ脱却に向けて緩和継続の旗をおろしたくないが、
地銀はじめ銀行業界は低金利が継続して青息吐息で破綻しかねず心配だ。

さらに国債市場や株式市場のゆがみも顕著になっていることも気がかりだ。

そして景気の良い時には金利を引き上げて将来景気が減速したときに
新たな緩和策を打ち出せるようにのりしろもつくっておきたい。

くわえて出口戦略も視野に金融引き締めの準備もせねばならないしなど、
優先課題が多すぎてにっちもさっちもいかなくなりつつあるということだろう。

したがって結論として長期金利の振れ幅を2倍に許容する「弾力化」という
何だか分かったような分からないような政策を打ち出したのだ。



結局目指すところが何なのか分からないので市場は右往左往して
いるのだが、ひとまず急激な円高を回避できたので日銀も胸をなでおろしたということか。

それにしても5年半前に黒田総裁が登場した時に「2年で2%、戦力の逐次投入はしない」と
言い切った時は喝采を浴びたのだが。

その後は「目標達成時期の後ずれ」との苦渋の発言が続き、戦力の逐次投入の
連発にもはや金融市場における「預言者」としてのカリスマ性は失われた。

実際日銀内部を見ると、金融緩和の継続を求める政府が日銀に送り込んだ
リフレ派と称される政策委員たちが強硬な金融緩和を求めて、日銀執行部の
金利引き上げへの動きを断固阻止しているようだ。

この日銀の立ち往生を見ていると日本経済のそして相場の先行きも
分からなくなる。

実際8月というのは過去20年のうち14年は円高だとの事実を見れば、
この夏枯れも突然の夕立に見舞われることを十分に警戒しておく必要がありそうだ。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR