FC2ブログ

天子蒙塵3

浅田次郎が西太后とその宦官・李春雲の主従を主人公に
「蒼穹の昴」を書き出してすでに22年。

「珍妃の井戸」「中原の虹」「マンチュリアンレポート」そして
「天子蒙塵」とこれまで5部11巻にわたり清朝の歴史を綴ってきた。

今回読んだのが第11巻{天子蒙塵」で残すは今秋発売予定の
第12巻のみとなり物語も1930年代といよいよクライマックス。

現在主人公の溥儀は再度皇帝となることを夢見て天津から
新京へ移って日本国の傀儡となっている。

そしてもう一人の主人公で張作霖の息子張学良は満州の
支配権と軍隊を蒋介石に譲り英国ブライトンで落魄の日々。

この二人の天子がいよいよ塵埃にまみれて行く姿が描かれる。



日本、朝鮮、モンゴルに建国神話があるように中国のどの王朝も
その正統性を担保すべくその一族の神話が存在する。

中国東北部で力を蓄えた女真族の愛新覚羅家も同様で
17世紀前半長城を超えて漢民族を支配するためには
それなりの神話が必要だっただろう。

その神話を浅田次郎はさすがと思わせる筆致で描いている。

その内容はかいつまんで言うと、3人の天女が地上に降りてきて
沐浴していると、一羽の鵲(かささぎ)が飛んできて嘴に加えた
赤い実を羽衣のひとつに落した。

そして天女の一人がその実を呑み込むとみるみる体が
重くなり天に飛ぶ立つことは叶わず、ついにひとりの男の子
を産み落とした。

それが開祖ヌルハチで生まれてすぐに勇者のいでたちとなり
突然満州の言葉をしゃべりだしたと言う。

そのヌルハチが後金国を建て、その孫の順治帝が紫禁城に入り
中国全土に覇を唱えることになる。



愚帝が続いて亡国の憂き目を見た明と異なり、
賢帝を輩出することになるのが清朝の特色だ。

愛新覚羅家は代々多くの子供に恵まれたことがこの王朝隆盛の
背景であり、その後も康熙帝や乾隆帝などが続くことになる。

とはいえその血脈も貴種化が進むにつれてその力強さが
衰えて行くのは世界中の王家に見られる傾向で、清朝も19世紀になると
後継者不足に至ってしまう。

溥儀も張学良もこの歴史的傾向に逆らえず先祖に比べ洗練されているものの
ひ弱でアヘンに手を伸ばすことになるのはやむを得ないところか。

ともかく浅田次郎のお陰で長きにわたり清朝の物語を楽しんだが、
作者も60代後半となりライフワークを完結するにふさわしい
年頃になったと言うことだろう。


.


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR