FC2ブログ

トルコ大波乱

8月10日(金)  晴  35度

お盆ウイークが始まり高速道路や新幹線が混雑する一方で
金融市場は閑散となっている。

ということで市場には泰平ムードが蔓延していたが、そんな時こそ何かが
起きるのが常でありここ数日来の懸念が表面化した。

対米関係悪化そして米ドル高に直撃されて最弱通貨の代表となっていた
トルコリラが1日で30%近くも大暴落したのである。

トルコリラは10年前の2008年8月の1ドル=1リラから続落をはじめ、
戻り場面もほとんどないままについに先日5リラを割り込みさらに本日7リラ台をつけた。

トルコ円でみてもこの10年間に1リラ94円から続落して20円水準と1/5に
なっていたが、一気に15円台へ突入したのである。

したがって一日の値動きは過去にも例を見ないほど激しく、相場が消える
瞬間が何度かありそのたびに2円つまり10%幅で大乱高下した。



このトルコ売りの背景には、高金利を嫌うエルドアン大統領のけん制を受けて
中央銀行が動きを封じられていること。

したがって政府・中銀が通貨防衛策を打ち出すこともないと高をくくった
見方が支配的となって、
資金流出が止まらず投機筋の売りが売りを呼ぶ。

トルコリラそしてトルコ経済は底なしの状態となっている。

子のように経済破綻と銀行危機の不安が高まっているのだが
エルドアン大統領は国民に外貨資産をリラに振り向けるように
訴えるのみで通貨防衛策を打ち出す気配がない。



この週末にトルコ政府が通貨防衛策を出さなければ
週明け金融不安が国際金融市場に広がることは必至。

すでに地理的に近いユーロが打撃を受け、ドイツの株価も下落。
そして円にも安全通貨として買いが入っている。

トルコ国民は8千万人もおりアルゼンチンなどと違い
経済力に厚みがあるだけに簡単には破たんしないとは思うのだが。

果たしてトルコ危機は夏休み真っ最中の国際金融市場に
大打撃を与えることになるのか否か要注目だ。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR