FC2ブログ

出世争い

大相撲秋場所は白鵬41回目の優勝で終わった。
さらに幕内1000勝の大記録を打ち立てた。

昭和の大横綱・大鵬でさえ32回そして746勝だったのだから
その偉大さが分かろうと言うものだ。

残る記録は双葉山の69連勝ぐらいだが、33歳で
ケガの増えた体でそれを達成できるのかどうか。

もう一つ本人が目標としているのが東京五輪で土俵入りをすること。

つまり長野五輪の開会式で浅利慶太が横綱曙に土俵入りさせたことの再現
を狙っているが、果たしてデイレクター野村萬斎はどうするか?



目下相撲界が抱える大きな問題のひとつは、
人気実力で白鵬を脅かす存在が見当たらないこと。

そんな中で今場所最もファンをうならせた一番が13日目の
幕下下位の豊昇龍(朝青龍の甥)と納谷(大鵬の孫)の一戦。

この午後1時過ぎの対決はテレビでも録画放送されたが、
両者3勝3敗で迎え結局豊昇龍が勝ち出世争いで一歩リードした。

この2人は高卒1年目の18歳で今年1月前相撲で
デビューして以来のライバル。

3月序の口、5月序二段、7月3段目と3場所を19勝2敗と
圧勝して駆け上がってきた。



大方のファンは188センチ166キロで血統の正しい納谷が好きで、
モンゴル出身で玄人好みの豊昇龍はどうやらヒールになりそうだ。

実際185センチ107キロと少し小柄だが、相撲の気風が良く
精悍な顔立ちでなかなか魅力的。

幕下は60枚、120人おりなかなか曲者がそろっており
しばらく苦労しそうだ。

大鵬や朝青龍でもそこを抜けるのに6場所ぐらい、
そして十両を通過するのに3~4場所かかっている。

この二人が関取になって地上波に乗り、人気・実力両面で白鵬の
後継者として名乗りでるのは一年余り後か?

しばらく幕下の取り組みの結果や映像をネットで検索する
日々が続きそうだ。


.


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR