FC2ブログ

115円シーリング

2015年6月円相場が125円に達した時に黒田日銀総裁は
現行水準は実質実効レートで見れば円安だ、と語った。

その後円相場は一端100円割れをみたが再び切り返し
今年に入って以降は105円~114円で推移し目下112円台。

同時に過去1年半4度ほど115円をトライしたが
ことごとくはじかれて115円がシーリングに見えるのが実情だ。



先週末ムニューシン米財務長官は物品貿易協定(TAG)交渉において
「為替条項」導入に言及し、日米においてもNAFTA同様為替の縛りを
盛り込む意向を示した。

それについて日本の麻生財務相や茂木経済財政相などからこれまでに
交渉の経緯が無いことはじめ全面否定の発言が行われているのではあるが。

一方今週中には米財務省が為替報告書を議会に送ると見られている。
その中で為替監視国の中国や日本の取り扱いが注目されている。

中国については為替操作国と指摘されるのか否かが最大のポイント。

そして貿易黒字をため込み円安誘導疑惑がつきまとう日本が
引き続き為替監視国に挙げられるのか注目されるところだ。



現在の金融市場は米国がトランプ減税で財政悪化をものともせずに
バラマキを行って景気浮揚を図り、一方で金利の高め誘導を行っている。

他方日本は日銀がハードランデイングを回避しながら出口戦略を進める
ナローパスを探っている。

つまり日米金利差は大きいままであり、当然のこととして
米ドル買い円売りが進む。

その結果円は名目的にはさほどではないものの、実質実効レートベースでは
史上まれにみる円安水準となっているのだ。

そろそろ円高への大調整が起きてもおかしくないと思っているが
原油高や年末の季節要因もありそのタイミングを推し量るのは難しい。

とはいえ過日株価大調整があったように6年続いた円安も新たな
局面へと進んでもおかしくないように見える。

とすればムニュー―シン・シーリングとも言われる115円が
本当に存在するのか否かのマーケットの挑戦が注目される。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR