FC2ブログ

サウジ・ショック

サウジアラビアの反体制派記者殺害事件は、フレデリック・フォーサイスの
スパイ小説を彷彿させるものだ。

限定的ではあるもののこの事件を引き金にした「サウジ・ショック」は
米国の政権そして世論を揺らし、金融市場にリスクオフの流れをもたらしている。

ワシントンポスト紙のカショギ記者はサウジ政府の弾圧下
表現の自由を求めてきただけに同紙が抗議の論調を強めるのも当然だ。

事件はイスタンブールのサウジ領事館で起こったが事件そのものは
ムハンマド皇太子の側近による犯行だったことまで明らかになっている。



ことのほか事件の詳細が報じられているのは、被害者が所有していた
アップル・ウオッチの録音機能のお陰。

いきさつについてトルコの警察当局が詳細に公表しているが
その背景にアップルウオッチの録音に加えてトルコ=米国間関係の
修復を願うトルコ政府の強い意気込みがあるといえよう。

カショギ記者はこの時計の録音機能をONにして事件に臨み、
その録音内容を婚約者が保有するiPhoneへ転送されていた模様だ。

それにしてもサウジはトランプ大統領にとり不動産ビジネス上の
お得意様であり、またイランとの対決構造の中で重要な同盟国である。

しかし今回の犯罪により米国では反サウジの気運が盛り上がっており、
もはやトランプ政権もサウジをかばいきれなくなったと言うところだろう。



この事件は米国政治はもちろん中東情勢へも微妙に影響しはじめた。

すでにムハンマド皇太子主催の投資会議にJPモルガンのダイモンCEO
さらにはムニューシン米財務長官も欠席することになった。

このように米国サウジ間の信頼が薄れる一方、
ここでポイントを上げているのがトルコだ。

これまでクーデターの嫌疑で米人牧師を拘束していたが、
過日解放し関係が好転し始めたところ。

その拘束のせいで今夏トルコショックが金融市場で起きていたが、
ここでトルコが捜査協力しさらに中東和平への貢献をアピールしている。

あらためて中東和平は砂上の楼閣とも言えるほどに微妙かつ繊細で、
明日何が起きどうなっているのか分からない。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR