FC2ブログ

晩秋

11月23日(金) 晴 15度

今日は勤労感謝の日、そして米国もまた
感謝際の休日と静かな晩秋の一日だ。

東京の早朝は7度ぐらいまで冷え込んで快適な
布団の中から出るのを少しためらった。

ということで東京拘置所の寒さはいかばかりかと因果応報
とはいえゴーン氏の身の上を推し量ったのである。

かつて東京拘置所そして長野刑務所で暮らしたホリエモン
によれば、冬の寒さそしてウオッシュレットのない生活はことのほか
きつかったとのこと。



ともかくゴーン氏の拘留は20日ほど続く見込みで、
その間に立件されるか不起訴になるかが決まる。

目下日本のメデイアはゴーンバッシングで燃え盛っているが
それは魔女裁判を彷彿させるもの。

実際外国人支配からの脱却そして高給への怨嗟の声が混じって、
ナショナリズムを煽っているようにも見える。

例えばリオの社宅は日産と顧問契約を結び(勤務実態はない)
年収1千万円ほどを得る姉が住んでいるとか。

さらにベイルートに10億円で購入した社宅には
7憶円の改修費用がかかったとか。

一方フランスでは「日本人は恩知らず」とか「日本国の陰謀」説も
報じられているようで、一企業の問題は日仏両政府の対決の様相を
醸し出しつつあるようだ。



日産は一時の苦境を脱して今や実力的には救世主ルノーとの
親子関係をひっくり返したとも言われる。

つまり筆頭株主であるフランス政府がルノーを支配し、ルノーが
日産を支配し、日産が三菱自を支配している構図が
実態にそぐわなくなった。

したがって日産そして日本政府が面白いわけがないはずで、
政府・検察特捜部を巻き込んだクーデター説もあながち外れてはいないのかも知れない。

これから真相が解明され同時に企業ガバナンスや多国籍企業の
所有者は誰かなどについて論じられるだろう。

そして大企業トップの適正な報酬についても同様だ。

日本では大企業のトップは多くが1憶円程度であることに比べ世界の
トップクラスはテスラのCEOなどが100億円を大きく上回っている。

とすればゴーン氏が20憶円であっても不思議ではない気がするのだが。

ともかく異国の拘置所暮らしのつらさは想像して余りある。
まったくご愁傷さまだ。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR