FC2ブログ

富岳

日本画家・堀文子さんの百寿展が韮崎大村美術館で行われているので、
紅葉狩りをかねて甲斐・韮崎市にまで出かけた。

八王子を過ぎると山々は紅葉しており、さらに山梨県に入ると
初冠雪した南アルプスの山々が迫った。

そして走ること2時間余り、釜無川の扇状地を上った丘の上に
ノーベル賞受賞者である大村智北里大学特別栄誉教授が市に
寄贈した美術館が建っていた。



美術館はどちらかと言えば質素なものではあるが大村博士が
地元のために建てた温泉と蕎麦屋も同じ敷地内にあり、
村おこしの一助となっている。

大村博士はまさに地元が生んだ英雄であり、この人のお陰で
観光資源の乏しい韮崎市に少なからぬ観光客を呼び、同時に多くの
村人の雇用が確保されているのである。

そして時間に余裕のあるお年寄りは、右手に富士山、
左手に八ケ岳を眺めながら温泉に入りお蕎麦を食べて
半日楽しく暮らせるという寸法だ。

20181102153016e4b.jpg

(韮崎から見た富士山)

201811021533111b8.jpg

(ホテルマウント富士のテラスと山中湖の眺め)

山梨県側から見える富士山は表富士のような裾野の広がりや
華やかさはないがそれなりの風情がある。

さらに富士山をより近くから見ようと山中湖へと足を伸ばした。

かねてよりホテルマウント富士のテラスから見る富士山が気に入っているが、
お昼を過ぎて雲が出、さらに太陽が西に傾いて逆光に。

残念ながら次回のお楽しみと言うことになってしまった。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR