FC2ブログ

卒婚

大相撲九州場所が終わった。

白鵬はじめ3横綱が休場、そしてそれに次ぐ力士も
ころころ負けて何を見て良いのか分からない、
まれにみる低調な九州場所となった。

ただ一つの収穫は22歳の若手(貴景勝)が
優勝したことで、これで世代交代が一気に進む期待を抱かせた。

お陰で唯一の日本人横綱を擁護してきた横審もようやく
重い腰を上げて稀勢の里に「激励」という形の引退勧告を行った。

そもそも横審は横綱昇進時も含めて稀勢の里に大甘で、11場所で
30勝余りしか挙げられない横綱の存在を許してきたのは大罪だ。

いくら興行優先とはいえ弱すぎる日本人横綱と強いモンゴルの横綱
という二重基準を作ることからして間違っていたのである。




退屈な相撲中継が終わったと思いきや、貴乃花の
離婚報道が日本を覆った。

やはり貴乃花の商品価値は相撲協会を上回るようで
ワイドショーやスポーツ紙はその話で持ち切りとなった。

報道によればこの夫婦は「離婚」ではなく「卒婚」と言っているようだ。

しかし定義上「卒婚」とは戸籍は抜かずあくまでも家庭内離婚であり、
貴乃花の場合は「離婚」というのが正しいとか。

ともかく夫人としても子供が巣立ち、また相撲部屋が解散して
おかみさんから解放された今こそがそのタイミングだったのかも。

あの気難しい夫では妻もやっておられなかったのだろう。
よく23年も我慢したと言うことか



それにしても太古の昔から熱は冷めやすく、また女性が経済的な力をつけた今
離婚はかつてと異なり自由に行われるようになったのも当然だ。

しかし母子家庭は総じて貧困である現実を目の当たりにすると
やはり極力離婚は回避するに越したことはなさそうだ。

ともかく来年の参院選出馬も取りざたされる今、これからも自己中で
奇行の多い貴乃花は様々な話題を提供し続けてくれるだろう。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR