FC2ブログ

忖度

米国が金融正常化の道を歩み始めてはや3年、
すでにFF金利は8度引き上げられてゼロから2%に。

そして年内にもう一度さらに来年は
3回程度引き上げられ2020年に
打ち止めになると見られてきた。

このような環境下、「低金利が好きだ」と言うトランプ大統領は
パウエルFRB議長を非難し、同議長を推薦したムニューシン財務長官につらく
当たっているとも言われてきた。

そんなパウエル議長は10月3日には「中立金利から程遠い
(long way from neutaral)」とタカ派的発言をしていた。

ところがパウエル議長は昨夜「広義の中立金利をわずかに下回る
(just below the broad range of estimates of the level that would be neutral)」
とややハト派的な発言を行った。

お陰でドル買い、債券売りに傾いていた市場は過敏に反応し、
その結果パウエル氏についてトランプ大統領に気遣いを見せる
「忖度議長」と批判する声が上がった。

つまり来年度中の利上げは1度だけとの
見方が俄かに強まっているのだ。
果たしてどうなるのか?



中立金利については景気を刺激するでもなく抑制するでもない
まさに中立的な金利と定義される。

その適正水準については意見が分かれるが、現在の
米国においてはその範囲は2.5%~3.5%、つまり3%ぐらいではないかというのが支配的。

どちらにしてもトランプ大統領の牽制がなくとも金利引き上げの余地が
なくなりつつあるのは確か。

つまり依然世界が低金利にある状況からすれば、米ドルが
高金利通貨となり日々世界の金が集まってくるのは
至極当然というところだ。



中間選挙も終わりいよいよトランプ大統領は2年後の
大統領選へと動き始めた。

それでなくとも雇用の拡大を第一義にするだけに
物価の安定にも配慮するパウエル議長が気に入らないのも確か。

さらにリストラ計画を発表したGMもまた同じ。

そして中国も気に入らない。

12月1日には米中首脳習会談。

トランプ大統領は実は習近平好きとも言われる。

それだけに米中貿易戦争の終結を期待する向きもあるのだが?

年内もあと1か月。

112円70銭で始まった2018年はドル高で終わるのか
ドル安で終わるのか最後の攻防が始まる。

.

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR