FC2ブログ

百薬の長

過日高島屋に注文していた日本酒(四合瓶)6本セットが届いた。

「銀嶺月山」(山形)、「朝日山」(新潟)、「幻の瀧」(秋田)など
有名とは言い難い珍しい銘柄ばかりでとても満足している。

ビール、ワインなどと並行して飲むことになるが、これで半年は
楽しめるのだから我ながらアルコ―ル摂取量などかわいいものだ。



日本人の日本酒消費量は好みの多様化さらに高齢化も加わって
減少を続けている。

百年前に酒蔵は兵庫、京都、新潟を中心に全国に7千ほど
あったが、今は1400にとどまる。

もともと日本人と日本酒の関係は深く、戦国時代において
大名が信長に付け届けする物と言えば味噌か酒が定番とされた。

さらに戦前の地方のお金持ちや地方選出の国会議員と言えば
酒蔵の所有者というのがおきまりだった。

つまり日本が都市化する以前の地方の経済を代表するものは
酒造りだったと言えよう。



日本酒の消費量の漸減は続いているが、ワイン、ビールなどの
アルコール飲料は健在で日本人の7割ぐらいが飲酒をする。

その結果酒で身を亡ぼす人が続出しているが、ある統計によれば大酒飲みが
1千万人、そしてアルコール依存症が100万人にのぼるようだ。

したがって飲酒運転、信号無視さらにひき逃げをした「吉沢ひとみ」
など酒にまつわる事件はあとを絶たない。

この人の場合判決を前にした謹慎期間においてもキッチンドリンクを
やめられなかったというのだから相当の依存症なのだろう。

そしてもう一人がJALの副操縦士。解雇されたうえでロンドンで
10か月の刑務所暮らしをすることになったが身から出たさびと言うことだ。

このように酒の飲み方には要注意だが、酒は百薬の長と
言われ適度に飲めば食欲も増進し健康に良いとされる。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとしであり、
ほどほどに楽しむのが良いということだ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR