FC2ブログ

日露平和条約

4K放送の開始を記念してBS4局が合同で日本から
パリまで16000キロの鉄道旅行を4夜連続で特集していた。

なかでも最も興味が湧いたのがウラジオストックから
モスクワまでの9000キロ6泊7日の行程。

このシベリア鉄道は日露戦争を控え物資と兵士の移動を目的に建設された。

撮影された季節は9月末だったのでまだ雪は降っていなかったが
すでに日本でも雪の便りが届く今頃は、バイカル湖周辺の
イルクーツクなどは氷点下60度ぐらいと言ったところだろうか。



ということでシベリアや北方4島を訪れたいとは思うが
実際の日露関係は厳しい状況が続いているだけに、旅など現実的ではない。

任期3年を切った安倍政権は北方領土返還を憲法改正とともに
レガシーとしたいようだ。

憲法改正の実現はほぼ無理という状況だけに、どうしても
北方領土返還に前のめりになる。

そもそも北方4島の領土権についてはさまざまな考え方があるが
4島返還が日本側の最終目的となるのだろう。

ということで1956年の日ソ共同宣言の「ソ連は歯舞群島および
色丹島を平和条約が締結された後に日本に引き渡す」を基礎として
交渉が進められる見込みだ。

しかしこの4島にはそれぞれ数千人規模のロシア人が住みついている。

つまりアリューション列島の先っぽとはいえロシア固有の
領土としての国民的認識が強そうだ。

さらに漁業権も絡んでおり日ソ共同宣言の履行をという
日本の要求に対して簡単に応じるとは考え難い。



安倍政権としては来年7月の衆参同時選挙を視野に入れているだけに
それなりの成果をぶちあげたい。

一方ロシア側としては極東開発に向けて日本のカネを
目当てにしていることは明白。

したがって平和条約交渉においてニンジンをぶら下げているが
対米戦略拠点としても重要である極東の領土を譲るなとあり得ない。

この状況で安倍政権はどのような平和条約交渉の「成果」をぶち挙げ
選挙に臨むつもりなのだろうか。



..


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR