FC2ブログ

ドライアイ

昨年末に目が痛んで眼科に行ったところ乾燥のせいか
角膜に傷がありドライアイと診断された。

ここ数年スマホ、PC、タブレットで四六時中相場を追っている
せいもあると思うが、さらに近頃は中国ドラマを熱心に視聴している
故だろう。

当然字幕スーパーを凝視しているわけで一週間に3本
計14時間の視聴はヘビーなのかも知れない。

と言っても面白くて今更やめるわけにはいかないのだが。



外国物のTVドラマはこれまで韓国、トルコ、ロシアなどの歴史物を
楽しんできたが中国物もまたお金のかけ方とストーリーの面白さはなかなか。

ひとつは秦の始皇帝の高祖母の話で上海で受賞した
話題作というだけにとても良くできている。

2つ目は楊貴妃の時代、玄宗の孫にあたる皇太子と
その妻のサスペンス・ラブストーリー。

安禄山や史思明が登場するなど安史の乱を前にした
風雲急を告げる時代背景が面白い。

そして3つ目が「フビライ・ハン」の一代記。

モンゴルの草原の生活が克明に描かれて興味深い。

モンゴル人が中国語を喋るのに少し違和感があったが
それもご愛敬。



フビライはチンギスハンの孫世代を代表する逸材で
元朝を起こしさらに第5代大ハーンにつく人物だ。

ドラマは目下カラコルムにおいて、第2代のオゴデイの崩御を受けて
その孫世代が後目争いを行っているところだ。

この争いにおいて暗躍するオゴデイ家の正妃トレゲネは愚息グユク
をハン位につけようと陰謀をめぐらせる。

それに比べトルイ家の正妃でフビライの母ソルコクタ二・べキは
とても良い人と描かれている。

実際ベキ氏は世界史上で一番と目される良妻賢母で
4人の息子の教育に注力し、第4代ハーンのモンケそして
5代フビライらを育てた。

ドラマは悪妻悪母のトレゲネと良妻賢母のベキとの争いが
続いているが、中国ドラマのヒロインの特徴は
美人で科挙にも及第するような秀才であること。

そして母となっては教育ママとして自らも勉強する人で
あることが求められている。

これぞ中国の理想の女性像と言うことのようだ。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR