FC2ブログ

立春

2月3日(日) 晴 14度

寒い1月をやり過ごし、今日は節分そして明日は立春を迎える。

これから日々日差しが長くなり春を実感できるように
なるかと思うと嬉しくなる。

特に昨日は3月後半の陽気になったが、それに誘われたわけではないものの
友人とともに中野のゼロ・ホールへクラシックを聴きに行った。

東京都の特別区は今でこそふるさと納税による影響で税収減に
苦慮していると言うが、これまでかなり豊かだったのは間違いない。

実際墨田区のトリフォニーホール、文京区のシビックホール、そして
建て替え計画が進行中の世田谷会館などどこも立派な施設を持っている。

ということでこの中野区のホールも負けず劣らずの箱物である。



本日は東京セラフィックと言うアマチュアオーケストラの
定期演奏会で、出し物は次の3曲。

べードーベン  献堂式序曲
サンサーンス  チェロ協奏曲
ブラームス   交響曲第3番

とりわけ「献堂式序曲」はウイーンのヨーゼフシュタット劇場の
こけら落とし用として作曲されたとのことで、荘厳、壮大。

特にトランペットが随所で鳴り響いて実に爽快な気分となった。

コンサート終了後30代なかばの若い団長さんとお話する機会
があったが、年2回の定期演奏会に向けての合宿を含めた特訓の
一端をお聞きした。



そのあとは友人とともに新宿西口の住友三角ビルへ行き
高層階から景色を眺めつつ喉を潤した。

新宿西口と言えば1960年代末の京王プラザを皮切りに
副都心として高層ビルが林立することになり脚光を浴びた。

しかし耐用年数は60年としても、40年も経過した今
その老朽化はかなりのものだ。

このビルも大々的なリノベーション工事をしていたが見るからに
古ぼけた感じは否めず、時代の流れを感じさせてくれた。

それほど遠くない将来にこの一角の高層ビル群は一気に
再開発が進むのだろう。

普段余り行かない中野に行ったお陰で、西新宿を再発見する
ことができる一日となった。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR