FC2ブログ

春節

中国14億人のうち何億人もが大移動するという春節も佳境だ。

特に650万人が出かける海外渡航先として日本はタイに続く
人気で、今年もまた100万人近い中国人が各地を訪れている。

ただ訪日客もリピーターが増えまた通販が浸透していることから
かつての爆買いが影をひそめ、滞在を楽しむ方向へと旅の形は
変化しつつあるようだ。

特に中国人のスキー人口が増えていることを映じてニセコ、留寿都などは
人気の的として中国人が殺到していると聞く。

お陰でバブル期からスキー人口が1/3に減った日本の
スキー業界にとっては干天の慈雨と言ったところである。



中国が輸出・投資主体での二桁を超える高度成長から消費・内需の
中成長へと舵を切ってすでに数年が経過した。

その統計が信頼できないことは日本の比ではないが、一応経済成長率は
6%台を維持しているとされ、日本も様々なメリットを享受しているのは明らかだ。

とはいえ中国の景気減速は明らかでさらにスマホ市場の頭打ちも加わって
日本の企業は中国経済の先行き不安に警戒を強めている。

このように中国経済の先行きは不透明であり、そしてその動向は
中国の政治を大きく左右しかねないだけに要注意だ。

実際中国5千年の歴史は混とんと安定を繰り返してきただけに共産党一党独裁に
よる安定がいつまで続くのか疑問でもあり確信など持てないというところだ。



このような経済の先行き不安が高まる状況で注目されるのは
やはり米中貿易戦争の行方だ。

すでに米国USTRは官報において3月2日付けで2千億ドル分の
中国製品への制裁関税を10%から25%に引き上げると明記した。

つまり今後3週間余りの間において政府間の合意や交渉延長など
何らかの行動が必要となる。

数日前まで2月27日にベトナムのダナンで米朝会談と並行して
米中首脳会談が行われるとの見方もあったが、今やその話は消えた。

来週の春節明けから閣僚級での米中交渉が再開されるが
果たしてどのような決着を見るのか、先行きは見えない。

.

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR