FC2ブログ

ブラタモリ

新元号発表まで1週間となった。
新聞各社は他社に先駆けての報道に準備怠りなしというところだろう。

とはいえ大正から昭和への移行時には毎日新聞が「光文」を
スクープしたものの、フライングとして政府に急遽「昭和」へと
差し替えられ面目を潰したという。

ということでその轍を踏まないようにぎりぎりのタイミングでの
号外を各社は狙っているらしい。

最後は31年前の竹下首相と同様に安倍首相が3案の中から
どれを指さすか次第のようだ。

やはり「安」の一文字が使われるのだろうか?



一方平成を回顧する風潮も強い。

その中で文芸春秋4月号は「平成を作った31人」との特集記事を
掲載しているが、その人たちをジャンル別に分類すれば次の通り。

(政治家)
竹下登、小泉純一郎、安倍晋三、
橋下徹、鳩山由紀夫、小池百合子、

(経済)
野澤山一証券社長、柳井正、孫正義、

(犯罪)
麻原彰晃、少年A、堀江貴文、

(スポーツ)
野茂英雄、三浦知良、イチロー、貴乃花、浅田真央、
長嶋茂雄、大坂なおみ

(エンタメ)
松本人志、羽生善治、宇多田ヒカル、宮崎駿、
タモリ、木村拓哉

(その他)
毛利衛、横田めぐみ、山中伸弥、鳥羽陸前高田市長、
又吉直樹、美智子皇后

文芸春秋社のこの独断的人選に対し異論、反論、感想をそれぞれ
お持ちになるかも知れないが、まあご参考まで。



意外にそして嬉しく思ったのは平成を作った人に
タモリが選ばれたこと。

「笑っていいとも」は1982年から2014年まで放送されていたが、
当時デイーリングルームの裏の部屋でランチ後はよくこれを
見ながら一服したものだ。

そしてとある日曜日後輩でさる御曹司の結婚披露宴でタモリを見かけた。

翌月曜日の放送で早速その大がかりな結婚式を話題にしていたが、
「怪芸人」の印象が薄れそれ以来の隠れファンだ。

それにしても赤塚不二夫の葬儀では白紙の紙を手に
朗々と弔辞を読んだ。

またブラタモリではその地質学についての造詣の深さを
発揮したりとその異才ぶりにいつも驚ろかされる。

難しいことが多いこの世の中で上質な笑いとユーモアを
提供してくれる貴重な存在に座布団一枚と言うところだ。



.


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR