FC2ブログ

鉄の女

「主権」そして「反移民」を目指した国民投票で
英国のEU離脱が決まってまもなく3年。

投票結果は48VS52と僅差であったが多数決の原理に
元づけばこれで決まりのはずだった。

まさかその具体化において内閣・議会そして世論がこのように百家争鳴し
再度の国民投票を求める声まででるなど何でもありの状態となったしまったのである。

このように国論が四分五裂し国家が迷走した背景には
その決定において「経済合理性」を軽視した故であろう。

実際島国で6割を貿易に依存している国家であることを踏まえれば
過去の栄光や誇りだけで飯を食うことができないことに気づくのが遅すぎたのである。



メイ政権は、国民投票の結果を実現させるべくEUとの手続きを進めるために発足したが、
離脱協定の法案化において立ち往生してしまった。

すでにEUとの協定案は議会において3度も否決された。

党内は強硬離脱を主張するボリス・ジョンソンらの反対派が根強く、
また労働党と協議をしても関税同盟への残留を強く主張されて
離脱協定案への賛同を得ることは難しい。

もはや決定の先延ばししか打つ手はなく4月12日の期限を6月末へと再延長する見込みで、
最終的には合意なき離脱に落ち着きそうな雲行きだ。



メイ首相が登場した時にはマーガレット・サッチャーつまり
「鉄の女」の再来かと期待された。

実際サッチャー首相は英国病に陥り財政赤字に汲々と
していた惨状を脱するべく国民怨嗟の中で
財政赤字の再建に向け大ナタを振るった。

したがってEU残留を望む一流誌などは、メイ首相が鉄の女の
再来となり、民意よりも国益を優先し残留へと方向転換してくれることを期待する向きがあったのだが。

残念ながらメイ首相は離脱を無事終了させることを第一義とする人であり
また国民投票の結果を無視するほどの常識はずれの大物政治家ではなかったということだ。

どのような結論になるにしても英国の混迷と分断を見た今
一時欧州各国に広まった離脱ブームは沈静化しつつあるようだ。

大山鳴動した結果ひとりEUがほくそ笑むことになりそうだ。


.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR