FC2ブログ

2020米大統領選に向けトランプ大統領は不法移民と
経済対策に的をしぼったようだ。

すでに非常事態宣言を出して国境の壁の予算を捻出したが、
さらに国境封鎖を行おうとしている。

これに対して封鎖に反対するニールセン国土安全保障長官と
衝突した模様で同長官は解任された。

再選に向けて敵味方を問わず刃向かうすべてを蹴散らすつもりの
トランプ大統領と言ったところだろうか。



そしてトランプ大統領再選に向けて次に立ちはだかる壁は
株価史上最高値。

「強気相場は壁をよじ登る」と言われるが、高値警戒感が根強い中で
26千ドルをこえたNYダウは史上最高値への高い壁を登り切れるのか。

大統領には「中銀の独立性」と言った概念などはないようで、これまで
FRBに圧力をかけ続けてきた結果パウエルFRBはすでにタカ派的から
中立的スタンスへと転じた。

それでも不十分とする大統領は0.5%の利下げを要求しており
FRB理事7人の人事にも口出しをしている。

すでに理事5人のうち3人はトランプ大統領が指名した人物で
さらに側近2人を指名し、FOMCの決定権者12人のうち5人を
トランプ派で占めて支配するつもり。

つまり現状安定的とみられる米経済ではあるものの、さらに利下げの
エンジンをふかして再選を確実にするつもりだ。



そして経済対策二つ目の課題が通商政策。

米中交渉については予断を許さないものの最終局面に至っており
次のターゲットがどの国になるかが目下注目されるところだ。

対米黒字の大きさから言えばEUそれとも日本がターゲットに
されることになるだろう。

そんな状況で延び延びになっていた日米交渉が4月中旬から始まる。

大統領選に向けてのスケープゴートにされることを恐れる日本政府だが
トランプ大統領は即位のご祝儀どころか為替について何を言い出すかも
知れぬ惧れを拭えない。

今年の超大型GWは泰平の夢を貪ることを許さないかも知れない。



.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR