FC2ブログ

百歳人生

歴史学者ユバル・ノア・ハラリは人類の歴史と未来について考察し、
「サピエンス全史」そして「ホモ・デウス」と世界的ベストセラーを連発した。

前者においては人類の中でも最も弱い存在のホモ・サピエンス
が百獣の王となった理由を知恵と集団行動のたまものと断じた。

そして後者においては、人類は眼前に立ちはだかってきた飢饉、
戦争、疫病を克服した結果神に近づくまでに進化したとした。

もはや人類は「ホモ・デウス」と言っても過言ではない存在となり、
神の役割のみならず永遠の若さを手に入れようとしているとした。

実際過去100年で人類の寿命が倍になったが、さらに将来的に寿命が倍、
つまり150歳になった場合の世界を想像したりもしている。

ただ科学的に人類が150歳まで生きる可能性はほぼないので
余り心配する必要はなさそうではあるが。

平均寿命の延びは医療の進歩により、若くして
死ぬ人が少なくなった結果であることは明らかだ。

したがって人類の個体はせいぜい生きても100歳程度であることは
今後も変わらないだろう。

実際150歳まで生きることができるなら、70歳ぐらいで再度
新たなスキルを身に着ける必要が出てくるだけに厄介だ。

また結婚も2度、3度するのが普通となるだろうし、
これまでの価値観ではいろんな困難に遭遇することになるだろう。



目下のところ人生150歳は夢のまた夢であるが、100歳は現実的だ。

半世紀前まで「人生50年」が定着していたが、
今や自らの思考を「百歳人生」へと大転換する必要に直面している。

このような折80代半ばを超えた五木寛之の
「百歳人生を生きるヒント」を
読んだ。

それにによれば各年代について次のような生き方アドヴァイスを
しているので、列挙しておきたい。

60代は群れから離れじっくりと孤独を楽しむこと。

70代は大人の黄金期であり、新しいことに挑戦し、
学びの楽しさに目覚めること。

80代は死の影を恐れず自分ファーストで今日を生き、
明日のことは思い悩まない。

90代は妄想して回想世界に遊べ、と。

分かったような分からないような気がするが、
ともかく人生の先達の言葉を覚えておけば将来役に立つかも知れない。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR