FC2ブログ

新天皇即位

5月1日 (水) 曇 20度

本日平成に変わって令和がはじまり、第126代の天皇が即位する。

男系男子がこれだけ続いていることはおめでたいかも知れないが、
日本の古代史は記録もほとんどなく
その真偽は不明だ。

そもそも「天皇」という言葉が使われたのは7世紀後半
大海人皇子が即位し天武天皇になった時。

そして「日本」との標記が見られるのもその頃、
つまり天武天皇のご落胤とも言われる藤原不比等の時代とされる。

したがってこの有史以前とも言える時代は神話の世界であり、
科学的にアプローチするなら中国史書に頼らざるえないのは今も昔も変わらない。



とはいっても中国史書の倭についての記述は断片的で、
ひたすら想像を膨らませることになる。

最初に登場する記述は「後漢書倭伝」で、
107年に倭国王が朝貢したと記録される。

つまりこの時代に北九州大宰府あたりに国らしき?ものがあり
国王らしき?力を持ったものがいたと考えられる。

さらに「魏志倭人伝」では3世紀前半の邪馬台国において
男子が王を続けていたがその国が乱れ卑弥呼を立てたと記述されている。

この2千文字程度の記録が古代日本を最も饒舌に語る文献で
、その地がヤマトか北九州かなど江戸時代から昭和まで熱く議論されてきた。

その学者たちの中には新井白石や本居宣長の名前も見えるが
真相は未だ分からない。




邪馬台国からの朝貢が266年に途絶え、その次中国史書に
倭国が登場するのは147年後の413年。

つまりこの間は日本からの遣使について何の記録も見えず、
「謎の4世紀」と言われている。

この世紀は古墳時代と言われるものでヤマトと河内の豪族間において
激しい権力争いがあったと想像されるが裏付ける資料は乏しい。

幸い5世紀以降は「宋書倭国伝」により仁徳から雄略天皇までと
思われる讃、珍、済、興、武の倭の五王が存在していたことが確認できる。

どちらにしても日本の古代と呼ばれる時代のアジアは中国の
皇帝を頂点に周辺の王が冊封(任命)される構図にあったことはほぼ明らかだ。

そして中国での王朝の興亡はアジア、朝鮮半島そして倭国の勢力争いに
微妙な影を落としていたことが類推される。

つまり昔もそして令和時代も、日本は様々に中国の影響を受けるということである。


.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR