FC2ブログ

已みません

4月から5月にかけての皇室報道の量には驚いたが
6月に入りようやく落ち着いた。

その間気になったことのひとつが、4月30日の「退位礼正殿の儀」での
「国民代表の辞」末尾における安倍首相の大失言。

官邸はその事実を否定しているものの「天皇、皇后両陛下には
末永くお健やかであらせられますことを願っていません」と言ったこと。

文書として公表されたものには、「願って已みません」とあるが、
「あられますことを願って」まで読み進んだところで一瞬口ごもり、
「あらせられますことを願っていません」と発声したとのこと。

「願ってやまない」の「やむ」は「已む」と書くが、これが読めなくて、
国民の意思と反対の意味での発言になったというのが真相のようだ。

まあジョークと軽く流せば良いかも知れないが、長命を誇る
国家リーダーのお粗末さが露呈された場面だ。



そして2つ目は「即位後朝見の儀」で新天皇が述べた「おことば」。

平成2年の明仁上皇誓いの「おことば」においては「皆さんとともに
日本国憲法を守りこれに従って責務を果たす」と国民主権・平和主義尊重の
決意が示されていた。

しかし令和においては「憲法にのっとり」と「遵守」からニュアンスは
一段と軽くなり、日本国憲法への思い入れが消し去られたこと。

また象徴像を継承するとの明言が避けられたことも。

つまり上皇の「おことば」が換骨奪胎され、改憲を目指す勢力に
都合の良い方向へと流されたということだ。



上皇はリベラル、護憲を強く滲ませていたことから安倍首相も
折り合いの悪さを感じていたと言われる。

それだけに改元前から皇太子への報告そして改元後の内奏
などこれまでとは一変した首相の皇室への接近が注目されるところ。

すでに

①天皇が安倍はじめ改憲派に取り込まれるかも知れない
②このところ内奏が増えがちなだけに天皇が政治への興味を
 示し始めるのではないか

など懸念も広がりつつある。

令和において天皇が時の勢力に政治利用されないことを願うばかりだ。



.
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR