FC2ブログ

ホルムズ海峡

ホルムズ海峡でタンカー2隻が被弾した。

かつてなら瞬間的に2円程度は円安に振れていたろうに、
原油が少し上昇したに止まる。

攻撃の主体は分からないが、イラン製の武器が使われた模様で
英米ともにイランの責任であると非難している。

目下米国はイランに原油制裁を加えて両国間は緊迫度
を高めており、安倍首相がハメネイ師とトランプ大統領との
仲介の労をとっているところ。

その成果については、米朝の間で画策した文大統領同様に難しそうで
ノーベル平和賞などのご褒美を簡単にもらうことなどできないと言うことか。



地政学リスクはやはり安全資産としての円が見直されるようだ。

特にホルムズ海峡での事件勃発~原油価格上昇~貿易収支赤字拡大
~ドル需給ひっ迫~ドル高の発想で円安と思うのだけれど。

一時的にはホルムズ海峡の事件に市場は反応しなかったとはいえ
油断の国日本は事態が長期化すればその影響から逃れられない。

やはりホルムズ海峡と言えば円安という反応で正解ではないだろうか。



そしてもう一つ気になるのが香港情勢。

「逃亡犯条例」についての改正議論が立法府で行われているが
それに反対する民主勢力が大規模デモを行い北京政府との
対決姿勢を鮮明にしている。

一国二制度が50年保証されているはずの香港に対する北京政府の
圧力は日々強まっているが、これを嫌気して香港の株価が下落している。

雨傘革命以来の民主化運動については影でCIAが動いている
と言われるが、まさに米中対決の図式だ。

このままでは16日のデモはさらに大規模になる見込みで
30年前の6月4日に起きた天安門事件の再来にならなければ良いが。


.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR