FC2ブログ

れいわ新選組

トランプの登場を機に世界的にポピュリズムが広がっているが
欧州でもイタリアで五つ星運動そしてスペインでポモデスが
既存政党を批判して大躍進している。

この大衆の不満を煽る戦略は効果があるようだが、
日本ではまだ不満は沸点に達していない。

日本の若者と言えばその大半は自民党支持であり
お陰で政治に関心を示すのは高齢層ばかりの故かも知れない。

参院選において消費税、年金などがテーマとして挙げられるが
その論争は極めてマンネリ的である。

このような環境下参院選に興味を持てない筆者を覚醒させてくれたのが
山本太郎が主宰する「れいわ新選組」。



百年一日変わらず成長戦略を唱える「自公政権」に共感できないし、
野党もひたすら反対ばかりで国家ビジョンを呈示してくれない。

そんな不満が鬱積する中で政党要件を満たしておらず
党首討論会に呼ばれることもない「れいわ」がネットを中心に浸透しつつあるそうだ。

6年前に東京選挙区から参院議員となった山本が
今回は仲間を引き連れて比例区に登場したのである。

山本と言えばその周辺に革共同中核派のメンバーがいるとか
園遊会や国会での非常識な行動など首を傾げる点が多々ある。

とはいえ東京地方区に沖縄創価学会の野原ヨシマサを出馬させ、
さらに比例区には特定枠に身障者を2名指名するなど奇策に
打って出ている。

つまり山本本人は300万票をとり「れいわ」として
3枠を確保しなければ議席を失うことになるのである。



ということで「無関心」を決め込んでいた筆者は
背水の陣を敷く「れいわ」に俄然興味を持ったのである。

「れいわ」の政権公約の中心は「消費税廃止」と「奨学金徳政令」
という究極のポピュリズム。

既存の政治体制に不満を持つ選挙民が政党要件奪取を
目指す「れいわ」にどのような判断を下すのか。



.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR