FC2ブログ

リブラ

通貨の歴史は今から約5千年前のメソポタミアに
遡るとされるが、それ以来時の権力者が通貨発行権を
駆使して通貨発行益(シニョレッジ)を享受してきた。

その歴史を経て現代では各国が通貨発行権を持ち
中央銀行が通貨発行を行っている。

したがって通貨主権が尊重され国境を超える場合には為替が
生じることになる。

実際米ドルに見られる通り世界で通じる通貨を発行する主体者は
無尽蔵の購買力を手にすることができ未曾有の繁栄を得ることができるのである。

その常識にアンチテーゼをもたらしたのがブロックチェーンの
発達による仮想通貨(Virtual Currency)の登場である。



ビットコインに代表される仮想通貨はここ数年で
600種ほどへと増殖した。

その名称も暗号通貨(Crypto Currency)となり、さらにG7が使用した
暗号資産(Crypto Asset)で定着したようである。

この通貨は送金コストが安く決済に便利とされているが、いかんせん
変動が大きく、将来的にも使いがってが悪いのではと思われてきた。

ということでその実用化はまだまだ先かと思っていたら、
27億人のユーザーを持つFBが旗をふりVISA,マスター、UBERなどが参加して「リブラ」を始めることとなった。

つまり国境を超えて「リブラ大経済圏」を作ることになり
これまでの通貨の概念と全く異なる世界が登場する可能性が高まった。



FBは金融サービスを行うつもりはないとし、あくまで決済サービスに
専念する意向のようだ。

このように新たな経済圏、金融システムの登場を懸念して米国の
上院銀行委員会の公聴会でFBの責任者が質問攻めされることになり、
とりあえず2020年の開始は先送りとなった。

特にマネーロンダリング、さらに外部からの侵入やテロに対する
セキュりティなどが問題視されており、過日のG7財務省会議でも
早速懸念が表明され規制論議が始まった。

ただビットコインに見られる乱高下については、その対策として準備金を
積んで人民元を除く主要通貨にリンクさせることで安定化を図るとのことだ。

どちらにしても米ドルを基軸通貨とした通貨制度が
大きく変わるかも知れないだけに、今後要注目だ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR