FC2ブログ

新月

8月1日 (木)  35度

本日は新月、特にスーパーブラックムーンで
物事が刷新されるお日柄とか。

実際1859年以来の強力な太陽嵐が到来し通信機器はじめ
人間・社会への影響があるとされる。

もともとアストロロジー(占星術)は古代バビロニアに始まり
天体と社会の関係を観察した経験則である。

どこまで信じるかは難しいが、とりあえず今夜は「新月のドル売り」との
お告げが出ているらしい。

実際の相場は昨夜のFEDの利下げ発表を受けて逆にドルが
上昇しており、「新月のドル買い」に傾いているように見受けられるが。



本日未明(NY時間31日午後)、FEDは10年半ぶりに
0.25%の利下げを発表した。

市場では0.5%を期待する向きもあっただけに、
目下その失望から損切りの動きが強まっている。

パウエル議長によれば、「今回の利下げは予防的利下げ
そして中期的な金融政策の調整であり長期利下げサイクルの
始まりではない」と発言。

つまり世界経済の不確実性だけを材料に利下げするのは
トランプ大統領への忖度以外何物でもないと思われるのはやむを得ない。

今後もパウエル議長が弱腰を続けるのか否か注目されるところだ。



このように市場のかく乱要因と言えばやはりトランプ大統領。

大統領選を15か月後に控えていることから全ての
行動・発言は白人支持増を増やすため。

特に黒人が多く住むボルチモアを「ネズミだらけ」「最悪」と
断定するなど意識的に人種差別発言を連発する。

さらに中国への批判を繰り返して人民日報と激しいやりとりを
したり、介入によるドル下げへの言及も。

中期的のみならず短期的にもドル高が好ましいと言う
ムニューシン財務長官が存命の限りはそれはないと
思われるのだが。

「新月のドル売り」の現実性はともかく、
トランプ大統領の言動には引き続き要注意だ。



スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR