FC2ブログ

日韓関係

日韓関係は袋小路に入り今後の対応を
模索する日々が続いている。

その多くは日本は正しく韓国が間違っていると言った論調である。

とはいえこの対立は政府レベルではないかと思える節も多く、
国民が巻き込まれていることも事実。

少し冷静にそして韓国の国民感情の深層心理に思い致すのも重要か。

そこで思い出すのが万葉集の研究家上野誠が書いた
歴史小説「天平グレートジャーニー」の一節。

聖武天皇に送られた遣唐使が他の蛮族たちとともに
玄宗皇帝に拝謁するくだりだ。

各国使節が居並ぶ中で高麗はその筆頭にあるが、
日本は末席にあり皇帝の顔も見えなかったと言うのだ。

実際古代の中国は冊封体制つまり蛮族が朝貢を行っていた。

したがって朝鮮は小中華としてその他蛮族に対する優越感を維持し、
他方大中華の属国としての劣等感が千年の時を経て韓国国民
に刻み込まれたのではないか。



韓国の国民感情について藤原正彦氏(作家・数学者)の
分析が面白いので、その要旨を以下ご紹介。

「韓国の国民の根本思想には身分の上下を
重んじる朱子学がある。

つまり中国を敬うべき師としてまた日本を中華文明の
外にいる夷狄として見下すという感情が定着してきた。

長きに渡り中国の属国であり続けた結果、THAAD配備(高高度迎撃ミサイル)
への中国の経済的報復に対しては文句を言わない。

一方目下である日本の35年の統治を最大の屈辱とし、
抗日思想を憲法前文にも書き込んで国家の正統性としている。」



今や韓国の国内情勢特に法相なったチョグク氏の身体検査に
ついての報道はやや異常で過剰。

誰よりも強硬な反日論者であると言われる同氏が次期大統領への
階段を上がるか否かは日韓関係の将来を左右する。

つまり日本外交の重要問題であるが、同時に同盟国とは
言いがたい敵国?の内紛は面白いということだったのかも知れない。

英仏、ロシア・フィンランド、米墨、中印などどこも隣国関係が
悪いのが普通だし、事は簡単には進まない。

今後ワンコリアを最大の政治目標とする革新政権が続くかぎり
中朝露に対する米中韓の足並みが揃うことはない。

つまり日本は安保上のアキレス腱に問題を抱える日々が
続くことになる。



.

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR