FC2ブログ

ウォ―レン・リスク

米中雪解けムードの中で米国株は27600ドルを超えて
史上最高値を更新中だ。

今や米中双方が追加関税の全面撤廃へと進んでいるとの
中国側からの発表もあり、市場では強気が優勢。

とはいえホワイトハウスでは依然ナバロ氏などの反対も根強く、
米国側からは確たるフォローはない。

何より第一段階である部分合意について調印式の場所も
決まっておらず、日程も12月以降にずれ込む見込み。

もはや決裂はないにしてもまだまだ貿易交渉は紆余曲折がありそうだ。



とはいえ株式市場はすでに期待に溢れている。

それでは失望そしてダウンワードへ転じるリスクはないか。

まず現状の水準で高所恐怖症が広がりつつあるのは否めない。

実際2008年のリーマンショックの翌年の6000ドル台を底に
既に10年を経過して上昇してきたことが指摘される。

長期波動である10年サイクル論に従えばそろそろ天井だが、
中期的波動である3年サイクル論に従えば米経済は底打ちしたばかりで、
これから、上昇トレンドに入ることになる。

ISM非製造業指数はもちろん製造業指数も改善に転じたも言えるなど
米国経済は改善しつつあるようにも見える。

果たしてどちらのサイクル論が当てはまるのか?



二番目の関門はウオーレン・リスク。

大統領選まですでに1年を切ったが、目下トランプ大統領の
再選確率は56%。

ウクライナ疑惑で76歳のバイデン候補が失速気味、そして78歳の
サンダース候補は体調も今一つと両者とも年齢の壁は厚そうだ。

ということで目下劣勢の民主党でトップを走るのがウオーレン女史だ。

筋金入りの社会主義者で法人税減税措置はやめ、富裕税をかけ、
GAFAの分割を示唆し、さらにグラススティーガル法の復活をも提唱する。

カネ余りの強気相場においてこのウオーレン・リスクの芽がどのように
育ち、投資家に不安を増幅させて行くのだろうか。

来年3月のスーパーチューズデーまで民主党の大統領候補選びと
株式市場を両にらみする日々が続くことになりそうだ。





.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR