FC2ブログ

あれから30年

常々月日の流れが早いのに驚かされることは多いが、
1989年11月10日のベルリンの壁崩壊から何と30年も
経過した。

記憶の中では現代的なトピックであったはずなのに
今やそれは歴史なのであるから本当に光陰矢の如しだ。

東西ドイツの統一は、富裕な企業が倒産寸前の企業を救済合併
するように西独が多額のコストで東独そして国民を吸収したのである。

流通する全てのオストマルクを等価で交換し、老朽化した施設を買いとり、
年金はじめ福祉制度を刷新するなど
祖国統一のために西独は膨大な費用を払ったのである。



しかしこの戦略はズバリと決まり、安い労働力を確保し、東欧への市場拡大
など「肉を切らして骨を断つ」ようにドイツ経済は飛躍的に成長することになった。

2000年以降は急成長する中国と蜜月関係を結び、上海や天津に
進出したシーメンスやフォルクスワーゲンがドイツ経済を牽引した。

さらに2005年に就任したメルケル首相が胡錦涛や温家宝そして
習近平とユーラシア大陸の絆を深めたのである。

しかし2021年の退任を前に様々な矛盾も露呈。

何よりも東西ドイツの経済格差が解消しないことに加え
積極的に受け入れた難民が治安の悪化のみならず
国家の分断を招いたことだ。



一方ドイツ経済に目を転じれば目下景気はマイナス成長に落ち込み
金利もマイナスに沈んだまま。

つまり欧州の盟主そして優等生が日本化してしまったのである。

具体的にはドイツを代表してきた自動車産業と金融業がリスクとなった。

フォルクスワーゲンが燃費の不正表示で味噌をつけ、さらに
クリーンディ―ゼルに拘り世界の潮流であるEV(電気)やHV(ハイブリッド)
への流れに乗り遅れたこと。

そして金融については日本同様マイナス金利の直撃を受けている。

ただ日本は地銀が疲弊するものの大手行が安定的に推移しているのに対し
ドイツ銀と言う世界最大手が苦境にあることがドイツ経済の深刻度を物語っている。

米国からの輸入関税そしてブレクジットによるEU市場の縮小
を前にしてドイツはどのように復活するのだろうか。




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR