FC2ブログ

感謝祭

米国では来週木曜日は感謝祭。
その翌日はブラックフライデーで年末商戦が始まる。

米国の株価はほぼ毎日史上最高値を更新しているだけに
年末の個人消費は好調が予想されている。

つまり2020大統領選まで1年を切った状況において米国景気の好調ぶりは
トランプ大統領にとってはシナリオ通りで事は順調と言うことだ。

あとは米中交渉で早々と部分合意にこぎつけて実績を
アピールしたいところだろうが・・・・・・



トランプ再選の阻止を目指す民主党の候補者選びは
相変わらずの乱立状態。

サンダース、ウオーレン、コルテスなどは「極左」と呼ばれるように
非現実的な政策を声高にしており本選に出たとしてもトランプに勝てる可能性は乏しい。

そんな中で中道派と言えばバイデンが最も知名度が高いものの
76歳の高齢に加え風評は必ずしもよくない。

ということでここに来て急浮上しているのがピート・ブートジェッジ。
インディアナ州サウスベンドと言う小さな町の市長で、加えてLGBT
でもあり泡沫的に見られていたが。

37歳と若く若者の支援が広がりつつあるようで、ダークホースから
一気に本命にのし上がったオバマの再来の可能性を示しつつあるので要注目だ。



トランプは支持率こそ低迷しているもののコアのプアホワイトの支持を
がっちり固めており当選確率は56%と優勢。

とはいえ目下の米国は①格差に不満を募らせる若者が増えている、②ヒスパニックはじめ
マイノリティが多数へと転換しつつある人口・社会の変化が起きている。

それだけに民主党の候補者が誰になるか次第で米国は大きく変わる。

ピルグリムファーザーズが入植してすでに400年。

感謝祭に七面鳥を食する習慣は変わらないとしても、白人を
中心とする米国は大きく変容する過渡期にあるのかも知れない。


.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR