FC2ブログ

上野界隈

日本人の典型か信仰心は皆無ながら近頃神社へ行く機会が多い。

初詣は必ず近所の松陰神社へ、そして孫たちのお宮参りや七五三と
言った行事の大半は日枝神社へ出かけてはお祓いをしてもらっている。

ということで赤坂へ詣でることは多数に及んだが、その孫もすでに
学業適齢期に達したことでもあり今回初詣を兼ねて湯島天神へ
出かけることにした。

その狭い境内は学業成就や合格祈願の御札、ハチマキ、
白だるまを買い求める人で混雑し、風情など皆無なのは残念至極。

20200109124611fcf.jpg


20200109124629ecd.jpg


ほうほうの体で失礼してタクシーに乗り込み上野の山を越えて
鶯谷から根岸へと下った。

途中車窓からは不忍池、文化会館、国立博物館、寛永寺、輪王寺、
を見ることができ上野の風景を満喫することができた。

この辺りは日暮里出身で開成を卒業して作家になった吉村昭の世界だ。

その最後の作品となった「彰義隊」は上野に立てこもった彰義隊を
題材にするが、メインテーマは皇族として唯一幕府方の一員となった
輪王寺山主・輪王寺宮能久の数奇な運命。

この宮は輪王寺の住職として京から江戸へ下り、上野戦争の後は
奥州へ落ちのび、戊辰戦争後はプロシア留学そして陸軍軍人となる。

そんな150年以上前の人のことを思い出したのも
上野の山横断のお陰と言うことろだ。

20200109124654d84.jpg

(香味屋)

20200109124714e3c.jpg

(メンチカツ)

202001091247283ef.jpg

(海老ドリア)

ランチは上野の山を下った根岸で大正14年創業の
歴史を持つ洋食店「香味屋」にて。

ちょっとお値段は高めではあるが昔ながらの洋食の
定番を楽しんだのである。

そして食後はかつて正岡子規はじめ文人墨客が
多数住んだと言われる根岸の町の散策。

芸能の神として人気のある小野照崎神社へお参りし
さらに人気の「てこな」でお土産にせんべいを購入。

人懐っこい店番のおばあさんと会話をするとほのぼのとした
下町情緒が感ぜられ、あらためて上野界隈の良さを実感したのである。

20200109140717fad.jpg

(小野照崎神社)

202001091407423b8.jpg


20200109140804e3e.jpg

(てこなせんべい)


.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR