FC2ブログ

ホリエモン

「Ghosn」(ゴーン)が「Gone」(ゴーン)した。

などと駄洒落を飛ばしつつ日本の検察制度はじめ問題の本質を体験と
豊富な知識で切りまくるホリエモンのユーチューブを年初来楽しく見ている。

そのお陰で日本の政府当局や有識者たちの下記のような見解は
通り一遍で傾聴する気にならない。

「国益に反する」
「日本の司法制度をないがしろにしている。」
「言い分があれば裁判所で言うべきだ」
「逃亡などノブレスオブリージュの執るべき行動ではない」など。



そもそも日産の内部抗争に検察を巻き込み、司法取引を持ちかけた
西川社長など経営陣は経営責任を放棄したとしか言いようがない。

企業経営を国家権力に売り渡したことこそ
犯罪的と言うべきかも知れない。

ということで今後の裁判は被疑者不在で気が抜けたものとなるが、
取り残されたケリー被告が何だか貧乏くじを引いたと言うことか。

肝心要のゴーン氏はレバノンの首都ベイルートで優雅に
暮らしているようだが、その10憶円近い館は日産の
持ち物ということでいつまで住めるやら分からない。

実際当地は一時「中東のパリ」と言われたものの、今やレバノンは
国家として破綻しており、イスラエルとシリアに挟まれ政争の地になっている。



紀元前の昔この地は「肥沃の三日月」地帯の西端にあり
メソポタミア文明の恩恵を受けて栄えていた。

特にフェニキア人は前12世紀ごろに東方からの圧力を受けて
地中海に進出してカルタゴ、マルセイユなど植民都市を建設してアテネを圧倒した。

その後フェニキア人は絶滅したとされ、その故地もアラブ人の住む
世界となり、現在のレバノン人は商売にたけたフェニキア人の末裔ではなさそう。

また国家のトップもゴーン氏が懇意のキリスト教マロン派の大統領に
スンニ派の国会議長、シーア派の首相と国家の仕組みは複雑怪奇。

ということでゴーン氏はこの国で安住できるのかそれとも
ブラジルで大統領を目指すのか。

事実は小説よりも奇なりだ。




.


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR