FC2ブログ

渋谷大開発

東京五輪後の景気後退が懸念される中で
今日本のあちらこちらで都市再開発が進んでいる。

その代表が渋谷大開発。

東急が音頭をとって2030年ごろまでにオフィスビルと
商業施設の一大基地が出現する予定だ。

20200113104350cb0.jpg

(銀座線渋谷駅)

ということで本来ならば下北沢経由井の頭線で行くところを
表参道経由銀座線で渋谷に向かった。

銀座線渋谷駅は従来の駅よりも130米も青山方面に
移動したせいで井の頭線からの乗り継ぎが不便となり
いたって評判が悪い。

とはいえ駅舎のデザインはなかなかで
さすが一流建築家の
仕事というしかない。

2020011310440707d.jpg

(渋谷スクランブルスクエアと渋谷ストリーム)

202001131043346d0.jpg

(渋谷フクラス)

20200113104431437.jpg

(JR渋谷駅周辺)

渋谷駅の周辺は目下様々なビルがスクラップ&ビルド中で
スクランブルスクエアも半分出来上がって先般オープンした。

渋谷はすり鉢状の底に当たり約18米ほど周辺から窪んでおり
水はけも悪いし何よりも縦横への移動がネック。

特に身障者や老人には不便とも言われてきたが、
その辺りも含めて従来の歩道橋を作り直す見込みとか。

この大規模再開発の槌音の高さを聞いていると
無駄にも見えるインフラ投資は五輪後の日本の
経済を救うのかも知れないと思ったり・・・

しかし人口が減少する中でこのような都市再開発が
経済活性化をもたらすのかとの疑問も拭えない。

ともかく東京は地方とは別の経済圏であり全く
別次元の経済論理で動いているということか。



..
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR