FC2ブログ

パンデミック

年初早々のイランでの衝突が過ぎ、金融市場は
平穏無事に打ちすぎていたところだ。

そんな材料不足の中で突然降って湧いたのがパンデミック。

新型肺炎の患者についての第一報が伝わりカジノ、
航空機、ホテルなどの旅行関連銘柄に売りが出た。

さらに安全資産である円が買われているところだが
今のところ世界がパニックになるにはパワーは限定的。

今後不安が増幅されれば金融市場も大きく動くが、
とりあえず少し警戒しつつ様子見と言うところだ。



現状数百人が感染しているとされる武漢は「封鎖」された。

そしてWHOから「緊急事態宣言」が何時発せられるかと
固唾をのんで市場も見守っているところであるが・・・

とはいえ一部東アジア地域が汚染されている段階であり、
パンデミック(世界流行)と言い難いと判断された。

ともかく中国共産党は威信にかけて封じ込めるとしている。
果たして共産党はコロナウイルスに勝てるのか?

17年前のSARS蔓延の時にその発生を中国政府は
3か月も秘匿していた実績もあるだけに、今後政府
発表をどれほど信じて良いか不安は拭えない。



武漢の市場ではネズミ、蛇、こうもりなど様々な
野生動物そしてその生肉などが売られているようだ。

この小動物にウイルスが住みついていると見られているが、
昨今の人、モノの移動は拡大スピードを速めている。

ペストの感染は雲南省の風土病が侵攻してきた
モンゴル軍に伝染し拡散したとの説が有力だ。

その頃と比べ現代の感染そしてウイルス変異のスピード
はかなり早く、治療薬の開発との競争は激しい。

つまりウイルスと治療薬の戦いはエンドレスで、
現代医学は勝ち続けてくれるのか?

21世紀の不安材料の一つがパンデミックと言われているが、
ウイルスの世界経済特に中国経済、市場への影響については注意深く見守る必要がありそうだ。






.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR