FC2ブログ

恐怖心

昨夜G7財務相による電話会議が行われ、各国は
コロナウイルスに対し協調的に行動するとの声明を出した。

続いて米国が0.5%の緊急利下げを発表し、
金利誘導目標を1.0~1.25%とした。

しかし10年債金利はすでに1%を切っているように市場はさらに
0.5%の利下げを督促している。

日本や欧州はすでにマイナス金利の世界にあるが
米国も土俵際に追い込まれた感が強い。

これまで協調行動とは主に為替政策が中心に据えられてきたが
トランプ大統領が現下のドル高を嫌がっているだけに介入など
ドル高への調整などできるはずもない。

つまり日銀は手詰まり状態にあり、今後円高そして不況へと
進んだ場合どのような手をひねり出すのだろうか?



このようにコロナに感染した金融市場の梃入れ策は乏しいが、
肝心の医療対策も打つ手は見つからない。

そして噂が噂を呼び人々は恐怖心に取りつかれているが
情報過多の時代にデマの拡散を止めることはなお難しい。

ということで人々はドラッグストアに走りマスクのみならずトイペなども
取り合いになる。

いったん恐怖心に襲われると人間は狂気に走る
と言うことだろう。



現在世界の人口は70億人を超え、そして日本人も1.2億人もいる。

つまり世界で3000人も死んだとの報道は恐怖を抱かせるが
母数を考えれば過度に反応する必要がないかも知れない。

インフルはワクチンも治療薬も行き渡っているが
それでも日本だけでも毎年1千万人が罹患し1万人が死んでいる。

その意味ではコロナによる感染者数が1000人を超え、死者が10人
を超えたとしてもそれほど恐れる必要はないのではないか。

実際日本人は毎日4千人死んでおり、そのうち肺炎など呼吸器系を
死因とする死者は300人に達するという。

つまり仮に毎日コロナで死ぬ人が出たとしても確率的には
限りなく小さいということ。

したがって正しく恐れ備える必要はあっても過度に恐怖に
かられる必要はないということではないか。


.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR