FC2ブログ

リラの花咲く頃

宝塚に住む義母が93歳で永眠し、一昨日葬儀が行われた。

この20年は緑に囲まれた老人施設で静かに暮らしていたが、
数日前に睡眠中に脳梗塞を起こして昏睡していた。

PPKの大往生と言うことだったが、コロナ流行のおりから
長女である家人もそして筆者も列席は適わず寂しい旅だちと
なったことが悔やまれる。

したがって我が家では朝夕御線香をあげているところ。



大正15年に生まれ大連で育ったこの人は戦前、戦後を
生き抜き筆者とも長いお付き合いとなった。

と言うことで何事も控えめだった故人を偲びつつ
思い出を本欄に記しておこうと記憶を辿った。

その最たるものはやはりこの季節に2度パリに来たこと。

復活祭以降のこの花の季節にそれぞれ2週間余り
我が家に滞在し孫との交流を堪能してもらった。

そしてブーローニュの森とその森の中にある
バガテル公園を案内したこと。

その庭園はバラには少し早かったが、日本では
余り見ることのないリラの花が咲く季節だった。

実際リラはライラックと呼ばれ日本で咲くのは
北海道だけとされ、「リラ冷えの町」とは札幌の代名詞だ。

その白や紫の花の姿に喜んでいたのは
今となっては懐かしい。



ということで現状満中陰への参加も難しそうで
納骨もいつできるやら分からない。

しばらくは娘、孫娘、ひ孫娘に囲まれて女4世代で
写り込んだ写真を見ながら故人を悼むしかなさそうだ。

月に叢雲花に風の通り「さよならだけが人生」
であることを改めて知らされた。



.

.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR