FC2ブログ

グラディエーター

20200503105607cbb.jpg

(羽根木公園のつつじ)

20200503105525ac7.jpg


このところ一日一回の散歩を除けばほぼ巣ごもり状態で
必然的にテレビを見る機会が増えた。

そんな折映画「グラディエーター」(=剣闘士)をまたまた見た。

この作品は2000年にアカデミー賞を総なめにしたように、
「ベンハー」「スパルタクス」と並ぶ古代ローマを舞台にした
3大名作のひとつだ。

主人公の剣闘士は架空とはいえ周囲の環境、つまり登場人物、
大道具、小道具などは時代考証も十分になされていて興味深い。



ローマ帝国(西ローマ)は前8世紀から5世紀(東ローマは15世紀)まで
続くが、前1世紀に共和制から帝政に変わった。

この映画は、16代皇帝のマルクス・アウレリウスがその息子
コモンドゥスへの継承にともない生じた軋轢をテーマにする。

このローマの繁栄のピークから滅亡へと転換させた張本人と
される暴君コモンドゥスは最後には剣闘士に暗殺されたように
暗愚の皇帝そして敵役として登場する。

実のところはこの親子10年近く共同皇帝として並立していたと
記録されるだけに、父を絞殺するという場面の設定はやや
飛躍しすぎとの点は否めない。

そしてラッセル・クロウが演じる主人公は先帝が後継者にと
考えていた渋い将軍で奴隷に身分を落としつつも剣闘士となり
その恨みを晴らす筋立てだ。

なかでも剣闘士同士あるいは野獣との闘いなどコロッセオで
繰り広げられる白熱シーンは映画ならではのだいご味だ。



そもそも五賢帝の時代は紀元96年から180年までの間ネルウァ、
トラヤヌス、ハドリアヌス、ピウス、マルクス・アウレリウスと続き
パクス・ロマーナつまりローマが平和と繁栄の絶頂期を迎える。

外征に力を注いだ13代トラヤヌス帝の時に最大の版図になり、
またこの時代に街道や水道などインフラが完備するのである。

ということでマルクス・アウレリウス帝がゲルマニア(ドナウの北、
ラインの東)で戦闘中に死去するが、これを機に五賢帝の時代は
終わり以降衰退の道を辿る。

ローマの歴史はまさに英国18世紀の歴史家ギボンが指摘
したように絶頂期において衰退の芽が育ったが、それは全ての
歴史が教える真実と言ったところでもある。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR