FC2ブログ

母の月

20200503162422ea5.jpg


カーネーション、紫陽花、スズランと
我が家の小さな庭にも
花の季節が到来している。

一方花屋さんはと言えば昨秋の台風被害続いて卒業式のとりやめ
に直撃されて苦しい状況が続いているとか。

ということで稼ぎ時の「母の日」が近づきつつあるものの、
逆に予約殺到も予想されることから今月を「母の月」としての認識を広め
予約を分散させ売り上げ拡大をしたい意向のようである。

果たしてカーネーションは長い自粛生活で子供の勉強の遅れ
が気になる母親たちの心を和ませることが出来るのだろうか。



欧米では自粛緩和へと動き出したようだが、
この3か月のコロナ禍の教育への爪痕は大きい。

大学進学にあたりフランスのBaccalaureat、英国のA-level test、
ドイツのAbitur、そしてInternational Bacは学力試験がほぼ中止。

つまり論文の重視など例年と異なり様々な影響を受験生に
もたらすことになる。

日本においても受験生の授業は先行的に再開すると言われているが、
来春の試験はこれまでと異なり学力試験一辺倒から面接や内申書重視など
様々な工夫がなされるのか。



日本の学校は3月初めに一斉休校に突入し5月末まで3カ月に渡り
休業状態が続くことになる。

そんな環境下オンライン授業普及が語られていて私立では
かなり進んでいる。

しかし公立について言えば自治体間、家庭間のデジタル格差は明らかで、
さみだれ式に始めればこれが学力差を広げるとの反対論も
上がるなど簡単にオンライン化が進みそうもない。

ということで9月新学期への移行で問題を一気に解決いや
先送りしようとの提案がなされたりするが、明治初期より続く
教育システムの変革をやっつけ仕事でできるはずもない。

政治家の多くは歳費の2割カットを免罪符にステイホームで優雅に
暮らしているようだ。

世界がそして社会の変化が一気に加速するコロナ後を展望して
新しい国家ビジョンを考えればよいのに、と思ったり。



.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR