FC2ブログ

小樽ビール

風薫る五月、今日は下北沢を目指して歩いた。

この界隈は江戸時代大場家や膳場家が
開墾を進めたと言われる。

その末裔の大場智満元財務官は、「趣味が植木」と語り、
休日は邸内の大木の枝落としなどに励んでいたと言う。

それを早合点したある銀行の頭取が「盆栽ですか?」と
尋ねたが、真相を知ってとんだ恥をかいたとのエピソードがある。

そして東大医学部を卒業した美人キャスターとして名高い
膳場貴子アナもかつての大地主の子孫と言うことらしいが?

ともかく普段は学生で賑わうはずの下北沢も人波は乏しく
、異彩を放つのは花屋さんのみ。

母の日を前にした店頭をカーネーション、クレマチス、
紫陽花などが飾り、その華やかなこと。

2020050911482773f.jpg


2020050911484574f.jpg


202005091149008f7.jpg


20200509114911a35.jpg


コロナによる休校を受けて給食用の牛乳が廃棄寸前
と言われるが、生ビールも同じ試練に直面しているようだ。

知人の知人が「小樽ビール」の生産者で
困っていると聞き少しでもお役に立てればと営業協力。

20200509194351875.jpg


道内限定から初めて本州へ出荷されることになったこのビールは
津軽海峡を越え、丸2日半をかけて我が家に到着。

実際函館から青森の間はフェリーもしくは新幹線に乗り換え、
再びトラックで東京までと長旅をしてきた。

飛行機なら2時間もかからないので近頃忘れていたが、
やはり北海道は遠いと今さらながらに思う。

年初の予定では6月末に小樽、余市、神威岬、ニセコを巡り
海の幸と蝦夷富士の雄姿を楽しもうと計画していたのだが。

そんながっかりしていた折の小樽ビールの出現で、運河や倉庫の風景を
思い出しながら飲めることになった。
禍福あざなえる縄の如しか。



.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR