FC2ブログ

投資再開

東京で49日間の緊急事態が解除され「新しい日常」が
戻った丁度その日、NYの証券取引所が再開した。

米国でのコロナは依然猛威を奮っているが、トランプに
尻を叩かれる形で、各州知事は経済優先へと舵を切った。

ともかくこの3か月の教訓は、各論として感染症は怖いが
総論としては(米国においてさえ)死亡率は0.03%とペストの
50%と比べ無視できる水準であることが分かったことではないか。

また世界で100本ほどの実験が進んでいるワクチン開発について
来年初には実用化されるとの見方は日々強まっている。

この種報道が投資マインドを明るくしているのは明らかで
米国の株価は3月の底値から半分以上のロスを取り返し、
強気が広がりつつあるところとなっている。



ポストコロナは米中対立の激化と米国のマイナス金利入りが
主な課題と言うことだろうか?

かかる環境下株価はコロナにめげず中央銀行の金融緩和策
そして政府の財政支出策により案外堅調に推移している。

すでにその水準はだぶつくマネーの影響を受けて長年来実体経済から
大きくかけ離れてきたが、その乖離は一層拡大してゆくのだろうか。



それでは著名投資家のスタンスはと言えば、まずウオーレン・
バフェットの動向について。

コロナによる急落を受けて、当初航空機株のナンピン買いを
行ったがその後売りへと方向転換した。

この人が短期間にぶれるのはこれまでなかったとして,
いよいよお年かとの意見も聞かれたが。

とはいえタイエアーは破綻し、ルフトハンザは政府から1兆円の
公的支援を受けるなどこの業界はとても厳しい。

一方ジム・ロジャースは、日銀が買い支えていることを理由に
日本株を再投資するとのことだ。

とりあえず第一波が過ぎ第二波が訪れるまでにワクチンの
開発がどこまで進むかが世界の経済、株価を左右することになる。


.

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

斉藤洋二

Author:斉藤洋二
銀行・生命保険会社にて
長く為替・投資業務に携わった。

特にホンコン、パリ在住の際には
中国・アジア・欧州・アフリカ
各国を見て歩いた。

歴史・料理・音楽に興味がある。

「ネクスト経済研究所」代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR